ビジネスバッグを長く愛用したい!手入れ方法について

日々使う鞄は、なるべく長く愛用していきたいですよね。それにはやはり、手入れが重要になってきます。手入れをして大事に扱っていかなければ、長く持たせることはできないと思います。ここで、手入れの方法についてご紹介しましょう。

素材によっても手入れの仕方は変わってきますね。まずはナイロン素材の場合です。ナイロンは、革のものよりはそれほど手入れを入念にする必要もありません。汚れが気になった場合や、月に1度程度良く絞った布巾(タオル)で拭くと、長持ちさせることができます。

具体的に言うと、中性洗剤を薄めて、それをタオルに付けてトントンと拭いてあげる。もし汚れが落ちなかった時は中性洗剤で優しく洗ってあげると良いですね。ちなみに、洗濯機で洗うのはいけません。

表面に覆われているものが剥がれてしまい、撥水効果が失われてしまう可能性があります。続いては革製品の鞄の場合です。革の鞄に関しては使ったらその都度手入れをしましょう。とは言え、毎回するのはさすがに大変かもしれません。

そんな時は月に1度手入れをしてあげるだけでも、“持ち”は違ってくるでしょう。まず、使う度にカラ拭きをして、ブラッシングをして汚れを落としてあげましょう。月に1度の頻度で、乾いた革にクリームを塗って栄養をあげるようにします。

また、革素材の鞄は水分に強くないので、防水スプレーをしてあげると良いです。革の中でも、スエードなどもあります。こういったものは起毛になっているので、毛が流れている方向に沿ってブラッシングしてあげましょう。

革鞄は水に強くないと言いましたが、もし水で拭くとしたら、どうしても汚れが取れない時などのみにして、その後は乾いたタオルできちんと拭くようにしましょう。革鞄には油分が含まれています。

しかし、ずっと使っていると次第にその油分も無くなっていってしまうのです。そうなると質感が悪くなってきますし、元のようには戻すことができません。なので、そうなるのを予防するために、革鞄専用のクリームを使って栄養を与えてあげることを忘れない様にしましょう。

ちなみに、防水スプレーやクリームを使う際には、同様の素材か色のあまり気にならない部分で試してからにすると良いですね。もし汚れが落とせなかったり、カビが生えてしまったりした場合は、鞄のクリーニングをしてくれるところに任せることも一案です。

わからないのに下手にやってしまうと、駄目にしてしまいかねません。なので、お金もかかりますが大事な鞄を長く使うためにもクリーニングに出すのが良いです。使用頻度の高い鞄ならば、(特に革の場合)毎回の手入れの他に、定期的にお店に手入れをしてもらうというのが長持ちさせるコツです。

さほど多く使わない鞄ならば2年間隔でのクリーニングでも大丈夫でしょう。いつもお世話になっている鞄。長く大事にしていきたいですね。ちなみに、財布のDellaさんもお忘れなく!

知っていると便利!上手な使い方でビジネスバッグを賢く使おう

通勤等に使うビジネスバッグは、いつも中身も綺麗に使いたいものです。整理整頓できている方が、仕事ができるというイメージもありますし、中がちらっと見えた時に乱雑になっているとよろしくないですね。

しかし、鞄自体に仕切りやポケットなどがなければ、どうしても散らかってしまいかねません。いつも綺麗な鞄の中を維持するには、散らからないようにするのが一番。それには、“バッグインバッグ”というものもありますので、小物などはそれに収めておくと、鞄の中がすっきりするでしょう。

小ポケットが付いていると、尚整理ができて良いですね。また、さほど大きくない巾着袋を利用するのも手です。鍵を入れるなど、袋を色によって分けても便利でしょう。もしもアクシデントが起きて鞄を床に落とすことがあったとします。

そんな時も、中身を散乱させたり無くしたりする危険性も減るのではないでしょうか。“バッグインバッグ”とは少し違う物かもしれませんが、別売りされている“インナーバッグ”というものも便利です。

ポケットが多く付いていて、大きさ別に様々なタイプがあるのがポイントです。仕切り版になってくれるのも良いですね。ポケットは、携帯電話やペンなどを入れるのにぴったりで、あまり厚みのない物ならば入れる事ができます。これにはさらに利点があります。鞄を替える事もあるかと思います。

そういった時に中身を入れ替えるのは面倒に思うこともあるでしょう。しかし、“インナーバッグ”があると簡単に中身の移動ができるので煩わしいことがありません。鞄の裏地は黒などの暗めの色のものが多いかと思います。

そうなると、鞄の中身を取り出す時に、どこに入っているのか暗くて見付けにくいということになりかねません。そういった事も些細な時間のロスになりますね。そのような事のないように、鞄に入れるアイテムはなるべくカラフルな物を選ぶようにしたいです。

そうすることによって、中身をすぐに取り出す事ができてスムーズに行動できるでしょう。駅で使うカードのケースや、財布等は特にすぐ見付けたいアイテムですね。また、反対に裏地自体が明るい色の鞄を選ぶというのも一案でしょう。

要するに、中身が早く見付けられるということがポイントなのです。忙しいビジネスマンにとって、一分一秒が大事な時間となるでしょう。そんなビジネスマンには、小物をすっきり整理して、アイテム自体も探しやすいものを選ぶようにしたいです。

通勤時間から能率の良さを考え、仕事にもそれを反映させられたら素晴らしいですね。

どんなビジネスバッグがいい?探し方のコツとは

人は職種も様々ですし、それぞれライフスタイルが違いますね。なので、持ち歩く鞄もその人によって違いが出てくるのではないでしょうか。そういったことがあるので、どういったポイントを抑えて鞄を選べば良いのか、考えてみたいと思います。

まずは、鞄に入れるのが書類なのか、もしくはパソコンも入れるのかということですね。書類のみなら、薄いブリーフケースで対応できるでしょう。パソコンを入れるとなると、頑丈さや幅などに関しても考えなければいけません。

機械であるパソコンを持ち歩くことが多いならば、パソコンが安心して持ち歩けるような丈夫な作りの鞄が必要なのです。パソコンに対応している物を選びましょう。次に考慮したいのが、何を使って移動するのかということです。

車なのか、電車なのか、はたまた自転車や徒歩なのかということですね。車で通勤などをされる人にとっては、さほど重量に関しては重視されない事かもしれませんね。しかし、電車通勤などの人ならば、やはり軽い物を選びたいのではないでしょうか。

軽いとされるのは、1kg程度です。この辺りの重さだと、持ち歩いても負担にはなりませんね。また、鞄の底に鋲(びょう)が付いているものは、床に置いても鞄自体を汚さずに済むので便利ですね。自転車に乗られる人は、肩から下げられる紐も付いたタイプが便利ですね。

さて、鞄の中にはポケットも欲しいのではないでしょうか。携帯電話を収納するポケット、手帳を取りやすくするポケット。用途も様々です。タブレットをお持ちの人も多いと思いますが、それを収めるポケットがある鞄もあります。

小物を多く持ち歩く人は、ポケットが多く付いた種類を選ぶと便利なのではないでしょうか。続いて、ファスナーが付いた鞄を使いたいという人も多い事でしょう。もしも鞄を落としてしまったとしても、ファスナーがあると中身が散乱せずに済みますね。

鞄を購入する時は、ファスナーの滑らかさにも注意を払いたいです。滑らかに開け閉めができなければ、困ってしまいますよね。ファスナーの噛み合わせの部分が小さいと、壊れてしまいかねないので、大き目の噛み合わせのファスナーの付いた鞄を選ぶようにしたいです。

このように、ビジネスバッグを選ぶポイントというのは様々あります。どの位の大きさの物を入れるのか、どの様に持ち歩くのか。そして収納はあるのか、支障なく開閉できるのかなど、吟味すべき点があります。あなたにとって最良のビジネスバッグに出会えるといいですね。

ビジネスバッグは素材も色々。ポイントをチェック!

ビジネスバッグには種類が様々ありますが、素材に関しても、ナイロン、合皮、本革など様々あります。素材が違えば、扱い方なども変わってきますね。鞄を買う前に、素材別の特性をしっかりと知識として頭に入れておきたいものです。それぞれの素材別でのポイントについて考えてみましょう。

まず、ナイロンはビジネスバッグの定番となっています。サイズなども豊富で、水に濡れても多少ならば大丈夫だという点や、パソコンを入れることもできるデザインが多いです。ポケットが多数付いているものも増えていて、段々と機能性も上がっています。

手入れがし易いのもポイントですね。気軽に使えるとは言え、形が崩れてしまいがちなのが弱点でしょう。また、撥水の加工がされていても、長時間濡れた状態にしていると、完全に防水というわけではないので中に浸みてしまいます。

確かに丈夫ではあるのですが、だからといって雑に扱ったりしてはいけませんね。続いては合皮です。割と安く購入することができます。水に濡れても平気なので、雨の日でも心おきなく使えますね。

手入れも簡単。色については様々な種類のものが売られていて、柔らかいものが多いのも特徴です。自分の好みのデザインを、多くの中から選ぶことができるのも魅力ですね。難点としては、ずっと使っているとダメージが早いうちから目立ってくるということがあります。

長い間使うという事に関しては向いていないのです。どれ位使うかによっても違いはありますが、2年か3年程で素材が悪くなってくるでしょう。なので、買い替えのサイクルも速くなると言えるのです。さて、使っていくほどに風合いが増してくるのが本革です。

ずっと長く使い続けたいならばこちらが良いですね。長持ちの秘訣はやはりお手入れになります。手入れをすれば、より長持ちをするということなのです。我慢する点とすれば、重量があるということでしょうか。

中に荷物を入れることになるでしょうから、更に結構な重さになることが考えられます。また、全体的に革製品だという場合は値段も張るでしょう。さらにお手入れは欠かせません。鞄と言うと、水に濡れた場合の事が気になると思います。

水濡れについては、防水スプレーをかけると良いでしょう。このように、素材によっても様々異なる特徴があります。手軽に持ち歩ける雰囲気のナイロンや合皮。そしてパリっと引き締まったイメージの本革。あなたのライフスタイルに合った鞄を選ぶと良いですね。

知りたい!ビジネスバッグの種類について

会社勤めをされる人でしたら、ファイルやノートパソコンなども持ち歩くことがあるかもしれませんね。そんな時にビジネスマンやビジネスウーマンの味方になってくれるのが、ビジネスバッグです。

そんなビジネスバッグの種類についてご紹介していきたいと思います。実は、ビジネスバッグにも様々な種類があります。まず、定番なのがブリーフケースというものですね。

ブリーフケースは「書類鞄」という意味があり、仕事で使う書類を入れて持ち歩けるというところがポイントです。さらに、ますます使い勝手なども良くなってきており、形も色々とあるのです。元々は、革製の手に持つタイプの物が主流でした。

しかし、最近では肩にかけられるショルダーの紐が付いた、いわゆる『2WAY』の物が出ています。パソコンの入るものも多くなっていますし、マチ幅の薄い物もあります。また、A3の用紙等が入るタイプもあるので、大き目の物も入れられて良いですね。

続いてはソフトブリーフです。一般的なブリーフケースよりも柔らかな印象で、形も四角に角ばってはおらず、丸みがあるのが特徴です。素材についてはナイロンや合皮、そして革のものがあり、ブリーフケースよりはカジュアルに使えます。

また、出張に行かれる人や収納が多く欲しい人には、多ポケットの、収納に優れたタイプのバッグがおすすめです。また、ここ数年で使う人が増えたのが、手持ちの他にもショルダーやリュックにもなるという『3WAY』のタイプです。

普段は持ち歩いても、背負うこともできるので便利ですね。さて、次はアタッシュケースです。堅くて頑丈なのがポイントですね。ジェラルミンでできているタイプや、革張りでできているタイプなどがあります。鍵が付いている物も多数売られているのです。

近頃使っている人が多いのが、トートバッグタイプ。上の方にガバっと開くデザインで、機能についてもより使いやすくなってきています。トートバッグといえば、カジュアルなイメージがあるかもしれません。しかし、最近では仕事上でも使用できるものが登場しており、黒などの落ち着いた色で仕事に活用したいですね。

この他にも、ビジネスのシーンで使えるのがダレスバッグです。この名前に関しては、日本独自の呼び名で、ダレスという戦後のアメリカ特使が使っていたというのが由来なのです。外国ですと、医師が持ち歩いているイメージのある、山型のあのバッグです。

上部に金具がついており、それを外すとバッグがガバッと口が大きく開くというデザインですが、使っているファンも多いです。ビジネスバッグには様々な種類があるので、ご自分に合った機能やデザインを選んで快適なビジネスライフを過ごしで下さい。